防御力が高い
保守のプロフェッショナル

筒井 康行Yasuyuki Tsutsui

1999年入社
開発部 第一広域プロジェクト 課長

心に残っている仕事は?

入社して初めて関わったATMのシステム開発です。最初にATMに携わったので、当時はその方法が全てだと思います。例えばATMは、動作を100%確認します。品質の面でとてもシビアな仕事から始めたので、その考え方の素地ができました。
予算や納期などの環境で難しく、取捨選択は必要ですが、携わる仕事では動作確認に手を抜かず取り組む姿勢を育ませて頂きました。

仕事内容と、この仕事の難しい点はどんなところですか?

現在は主にSAPシステム開発を行っています。 私は入社直後から大阪を中心に名古屋や松山など行き来することが多く、自分はブリッジSEとして働き、詳細設計や製造など高知・松山に持ち帰るニアショア開発に携わっています。 この仕事の難しい面は、大きなシステムになればなるほど、仕様を決める方も増え、お客様内でも異なった考え方をもつ人がいるため、そのゴールをどのように調整するとかでしょうか。

プロジェクトを円滑にするために、心がけていることは?

開発過渡期は、どうしても稼働が上がりがちになります。要員の負荷をなるべく下げられるように前もって人を入れることや、お客様との調整や交渉をするように心がけています。また事前に、余裕をもった提案をすること、納期が決まっている場合は、前提条件を追記することも見積もりの際に気を付けていることです。「失敗しないように、慎重に」という言葉を大切に、仕事に取り組んでいます。

撮影:筒井 康行

休日の過ごし方は?

平日は出張が多いため、高知では家族との時間を大切にしています。最近カメラを買い、子供から風景までいろいろと撮影にでかけています。

STAFF INTERVIEW

社員インタビュー一覧