これからも仲間とともに
走り続けたいと思います

土居 里美Satomi Doi

1998年入社
開発部 第一広域プロジェクト 次長

クイックソフトでの仕事を振り返って感じることは?

クイックソフトに入社して24年。20代は無我夢中で働きました。自分の無力さも知りましたし、自分のできることを増やすため、必死に走りました。そのうち、難易度の高いプログラムができるようになったり、評価をもらったりと、自分のスキルアップを感じることが、仕事のやりがいになりました。
30代はプレイヤーではなくリーダの立ち回りを学びました。若いメンバーやビジネスパートナーさんを取りまとめて、1つのチームとして進めていく、かじ取りの難しさを痛感しました。最初は、まとまりのなかったプロジェクトメンバーが、時にはぶつかり合い、終盤にはチームとしての結束力も高まり、自ら考えるようになる姿を見るのは、私の喜びにつながりました。クイックソフトの組織としてのさらなる飛躍を目指し、現在も格闘中です。

育児と仕事の両立は大変ではないですか?

私は40代になって、仕事はもちろん人生の転機を迎えました。出産をして、一児の母となりました。仕事は、そこそこ自信があったのですが、育児は素人で、毎日4歳の息子に手を焼いています。正直、仕事の方が楽と思うことも(笑)。
出産後の復帰については、今まで通りの仕事ができるのか不安でした。また、フルタイムか、時短で働くかも悩みました。「フルタイムで難しかったら、後から時短に変更してもらうよう相談しよう。まず働いてみよう」という気持ちになれたのは、理解をしてくれる仲間や、柔軟に対応してくれる会社の制度だと思います。
当社はワーキングママも多く、子供が病気をしてしまった時なども、フォローできる体制を整えています。相談できるベテランの先輩ママがいるのも心強いですね。
子育て以外にも介護など、時短勤務の制度を利用している社員もいます。女性にとっても働きやすい環境だと思います。仕事と育児や介護の両立できるように、会社や家族の助けがあって、私はここで働くことができています。苦労を分かち合える仲間がいます。この良い環境をもっと良いものにしていけるよう、これからも仲間とともに走り続けたいと思います。

STAFF INTERVIEW

社員インタビュー一覧